• HOME
  • 製品開発
  • 企業情報
  • 静岡大学HP
  • メディア掲載
  • お問い合わせ
  • 製品開発

    株式会社ユービスの製品案内

    ◆ キロールⅡ

      主成分の白金ナノ粒子に安定化・活性増強物質を混合したもので、マスク、衣類、寝具などの表面に一旦噴霧しておけば、花粉のアレルゲンを不活化して、スギ花粉に限らずあらゆる花粉による免疫反応を止めることができます。その効果が持続することも大きな特徴です。単に物理的に花粉をブロックしているわけではなく、マスクを外す時もアレルゲンをまき散らすことがありません。寝具などに噴霧しておけば、就寝中もアレルゲンから守ることができます。 

     

    ◆ キロール・サニテ

      抗ウイルス作用、抗細菌作用を特化したもので、衣服、マスク、カーテン、寝具、便器などにスプレーして使用します。アルコール、次亜塩素酸系消毒液に代わる無臭の消毒液で、効果が持続するのが特徴です。薬剤耐性変異株はでません。 料理店、保育園、介護施設などでノロ・インフルエンザウイルス、食中毒対策のため利用が広がっています。

     

    ◆ キロール・プラテクト

      放射性セシウム及びヨウ素に結合して結晶化するため、最高の濃縮効率です。マスクや衣類に噴霧して、内部被曝を防ぐことができます。放射性セシウムは土壌など様々な物質に結合していますので、除染は難題でしたが、弊社が開発した接合セシウムの可溶化法を開発しましたので、此の結晶による濃縮法とあわせることにより、新規除染法を提供できるようになりました。また、白金がNOxなどを無毒化することがしられており、M2.5対策にも利用出来ると期待されています。 

     

     

     

     

     

     

    エビデンス(実験結果、安全性試験など)

     

    1. 花粉アレルゲン不活化試験(スギ花粉のアレルゲンであるペクチナーゼの不活化)

     

    花粉アレルゲン不活化試験

     

     

    2.ウイルス不活化試験

      マスクをキロールIIで噴霧して乾かした場合(①、②、③)、Cで見られるマスク洗浄液中のウイルスの活性(細菌を透明にする)が見られなくなります。

     

    ウィルス不活性化試験

     

     

    3.細菌殺菌試験

      細菌殺菌試験

     

     

    4.カビ殺菌試験

      カビ殺菌試験

     

     

    5.白金のセシウムとの結晶化

    白金ナノ粒子はセシウム、ヨウ素を捕捉して化合物Cs2PtI6となり、下図のような大きな結晶が形成されることを発見しました(静岡大学工学部教授・立岡浩一教授との共同研究)。白金ナノ粒子が大変効率よくセシウムを捕捉して、濃縮できるのです。 

     

    結晶写真[1].pdf - Adobe Reader.bmp

     

     

    6.マウス急性毒性試験

    マウスに原液、5倍濃縮液、10倍濃縮液を経口投与後、急性毒性の有無、体重変動を比較して無毒性を確認した[(財)食品分析センター]。

    マウス急性毒性試験

     

     

     

    お電話もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    • TEL054-236-4112
    • お問い合わせフォーム