• HOME
  • 製品開発
  • 企業情報
  • 静岡大学HP
  • メディア掲載
  • お問い合わせ
  • キロールについて

    キロールⅡについて

    キロールとは

      (Kill ALLを略した)キロールは、白金ナノコロイドの花粉、病原細菌、病原ウイルス、放射性物質、PM2.5などマイクロレベルのハザードを吸着・除去する作用を格段に強化した一連の商品群です。  

    原理は?

      ナノ(1mの10億分の1)化された白金の触媒作用は表面積の増大に比例して非常に大きくなります。さらに有効補助成分を配合し、触媒作用を強化しました。 

     

    生命科学とナノ科学の融合により完成した「キロールⅡ」 キロールだけの花粉症二重防御
    • プラチナナノ粒子、有効成分の相互作用により、花粉殻から花粉タンパクを放出させません。
    • プラチナナノ粒子、有効成分が花粉タンパクの作用をなくします!

     

    スギ花粉をダブルブロック。酵素を露出させずそのものを破壊。

     

    花粉柄から酵素の流出を防ぐ

    花粉症アレルゲン(アレルギー原因物質)は、花粉の殻から飛び出してきます。
    キロールⅡは①アレルゲンの露出を防ぎます。

      

    左図:スギ花粉が水分を感知し、発芽して中味が放出されている様子。
    右図:キロールⅡで処理をしたものは、24時間経過後も発芽が出来ずにいる。

     

    花粉のアレルゲン活性試験

    そして、②万が一、流出したとしてもそのアレルゲンを不活化します。 花粉のアレルゲンの活性が抑えられているのがわかります。


    左はスギ花粉アレルゲンとキロールⅡを混合し、右は、スギ花粉アレルゲンと水を混合し、それぞれ活性測定プレートに注入して24時間経過させた結果です。
    右では活性を示す白い輪が見られますが、左ではその活性がなくなっているのが分かります。

     

     

      

    キロールⅡの使用方法

     

    衣類やマスク、寝具にシュッと噴霧で安心

     

    プレスリリース

     

    プレスリリース新聞 プレスリリーステレビ   平成24年1月、SBS取材・放映、後にTBS放映

    お客さまの声

    • 三島市 女性(平成23年2月4日)

      アレルギー症状がひどく、いままでいろいろなものを試しました。どれも湿疹などが出て自分には合いませんでした。 「キロール」をマスクにスプレーして使いましたが、症状が出ないので今後も使っていきたい。
     

    • 焼津市 男性(平成23年2月10日)

    いつもはこの時期、とても大変な思いをしていました。 「キロール」を使いだしてとても楽になりました。再注文をしました。
     

    • 愛知県 新城市 男性(平成23年2月28日)

      2月20日くらいより花粉症の症状が出始め、くしゃみ、鼻水、頭痛など仕事にならない状態が続いていました。取引先の人からキロールのことを聞いて、1個 試しに買って使ってみました。マスクにしプレーして使っていますが、花粉症の症状がなくなり、本当に楽になりました。会社には花粉症に悩んでいる人が多い ので、紹介してあげたいと思います。
     

    • 袋井市 女性(平成23年2月28日)

      2月20日くらいから花粉デビューをしました。マスクはかけていましたが、くしゃみや鼻水が出てきて、仕事中もマスクの中にティッシュをいれていました。 キロールを買ってマスクにスプレーして使い始めました。それ以後、花粉症の症状がおさまり、快適に過ごせています。昨年は肌に塗るタイプのものを使ってみ ましたが、鼻水などでとれてしまうため、そのたびごとに肌に塗る必要があり、煩雑でした。今年は花粉の量が多いと聞いていますが、今のところ実感がわきません。
     

    キロールサニテ

    キロール・サニテとは

      キロールシリーズの中で、抗ウイルス作用・抗細菌作用を特化した製品です。アルコール系・次亜塩素酸系の殺菌・抗菌剤が流通していますが、キロールサニテはこれらの抗菌剤に比べ、高い優位性を持っています。すなわち、食品添加物と食物繊維のみからなるヒトへの安全性が確保されており、無色透明で無臭なので衣類などにも安心してお使いいただけます。

     

    キロール・サニテの特長

     

    ただひたすら効果を追求。そして完成した比類なき抗ウイルス能力

     

    花粉柄から酵素の流出を防ぐ

    ウィルス1億個にキロール・サニテを0.1cc混ぜ、1時間置いた後活性消滅試験を行いました。
    キロール・サニテのみが、ウィルス活性を不活化しました。

    ノロウイルスもインフルエンザウイルスも強力破壊!

     

    花粉柄から酵素の流出を防ぐ

    白金ナノコロイドはウイルスや細菌と接触すると触媒効果により活性酸素種を生成してこれらの病原体を破壊します。
    公的機関(食品分析センター)により、抗ノロウイルス・インフルエンザ活性が証明されています。(右図)

    病原性大腸菌も瞬殺。院内感染菌だって怖くない。

     

    花粉柄から酵素の流出を防ぐ

    1千万個の病原性大腸菌に対して、キロール・サニテ0.1ccを混ぜ、最適条件培地にて24時間培養を行いました。
    キロールと混ぜた場合は全て菌が死滅していました。

     

    多面的に完全破壊するから耐性菌も抑制。

    花粉柄から酵素の流出を防ぐ

    細菌は遺伝子に突然変異を起こしたり、他の細菌から遺伝子を受け取ったりすることで本来は効くはずの抗生物質が効かない「耐性菌」へ変化します。しかし、キロール・サニテは多岐にわたって破壊するため、「耐性菌」がまったく出ませんでした。

     

    長く効果が持続しウイルスや細菌から守ります

    アルコール系の除菌スプレーは即効性はあるものの、蒸発すれば効果がなくなり、処理数分後には、ウイルス細菌による感染の恐れがあります。白金ナノコロイドは皮膚や衣類にとどまり抗菌・抗ウイルス効果が持続します。

     

    キロール・サニテの安全性

      食品添加物のみ含み、白金ナノ粒子を植物繊維によってコーティングして、ヒトの細胞内に入らなくされています。 ヒト体内で分解も吸収もされず、白金ナノ粒子と一緒に排出され、ヒト体内に蓄積しません。 公的機関(食品分析センター)の動物を用いた安全性テストにより実証されています。

    現行の消毒液とキロールサニテとの違い

      エタノールなど
    アルコール系
    塩素系スプレー キロール・サニテ
    安全性 蒸発し短期間で
    効果なし
    不安定
    (特に有機質の存在で、塩酸を生じて分解される)
    大変安定
    臭い アルコール臭 強い塩素臭
    (目にしみる)
    無味無臭
    皮膚への毒性 アルコールアレルギー 塩酸を生産し強毒性を示す 無毒(食品添加物)
    発がん性 なし 発がん性トリハロメタンになる なし
    金属腐食性 なし 強い なし
    衣類など脱色 脱色する場合があり 衣類、カーペット等
    脱色する
    なし
    ノロウイルス 無効 有効 有効
    放射能除染 全くできない 全くできない 可能(減容化できる)
    花粉症 無効 不適 有効
    フィルター担持 不可 不可 可能(エアコンのフィルターなどに使用可)

    キロール・サニテの使い方

    キロール・サニテの使い方

    キロール・サニテが提案する新しい消毒法

    部屋全体のスプレー 食材の表面消毒 食器類の消毒 密室内汚染、感染防止 密室内汚染、感染防止 エアコンフィルターなどの除菌 手足・衣服などの持続的消毒 インフルエンザ・結核などの感染症対策

    特許・受賞

    特許

    • 特許願NP2168 (平成22年4月)「抗ウイルス、抗アレルゲン、抗ガス剤及び担体への固定化方法」 (2014年公布、特許第5637584号)
    • 特許願(国際特許:G01N 30/90)「ヨウ素・セシウムの吸着・除去・濃縮・呈色による 検出法」(出願中)
    • 特許願120085(国際特許番号C02F 1/28) 「放射性セシウム回収方法」  (2014年公布、特許第5595477号)
    • 特許願LP01K-1813 (国際特許分類B22F 09/24) 「白金ナノ粒子分酸液、白金ナノ粒子 担持フィルターの製造方法、及び空気清浄機」

    受賞

    • 日本植物病理学会賞(日本植物病理学会、1998年)
    • アメリカ微生物学アカデミーフェロー(アメリカ微生物学会、2001年)
    • しずぎん起業家大賞(静岡銀行、2013年)

    導入実績

    • 業務用大量詰替え用箱(5L・20L)を主に、全国料理業生活衛生同業組合連合会(全料連)・静岡市ホテル旅館組合・静岡市料理飲食業協同組合・アメリカ大使館 にて採用、販売中
    • 500ml及び100mlのトリガーボトルは、日用雑貨量販店にて店頭販売中
    • 花粉症対策用姉妹商品(キロールII、50mlエアゾール缶)は、3年前よりドラックストアチェーン店などで販売中

    プレスリリース

    プレスリリース新聞 プレスリリーステレビ

    お電話もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    • TEL054-236-4112
    • お問い合わせフォーム